お疲れ気味です。

主治医に言われています。

考え方を変えよう。

誰でも何かをしたら疲れるし、疲れる事は悪い事じゃない。

そしてあなたは精神的に疲れやすい性格傾向にあります。

 

産まれてきて、親の顔色伺って育って恐らくはそこが俺の性格のベースになっていると思う。

そう思えば気を使わない時なんて無くて自分の意見を無作為に人に押し付ける傲慢さも無く、親の言いなりになってると言う事が多く気がつけば自分自信で最初に何かを決定すると言う事がほとんどない。

それは生き方にも反映されている。

それほどまでに無知に育ったし、無知を埋める為に失敗を重ねて勉強するしかなかった。

そんなベースだから精神的な疲労の溜まり方は半端じゃない。

 

最近の治療は性格傾向を良い方向に向けてやる事を意識して人と接する。

それを少ない集団の中で行う。

服薬治療はメインではなくあくまでもサポートと言う位置付け。

4月から転院して良かったと思うのはこういうアプローチの病院が今までなかった事。

だけど週に1度のグループワークなんだけど終わった時の精神的な疲労感は凄い。

 

先週に躁転してしまったっぽくてやたら行動的になっていて就労意欲も高まり今週にでも面接に行く予定だったけど主治医に止められた。

今の状態がずっと継続する訳ではなく鬱転に備えて色々とセーブして行動する事。

 

土曜日に壁の穴を修理したり

f:id:puyomens:20170620200949j:plain

日曜日にテキーラフェスタに行ってそのまま地元バーに飲みに行き

f:id:puyomens:20170620201104j:plain

月曜日に診察とグループワークをして、気がついたら凄く心身共に疲労していました。

 

グループワークのスタッフさんも俺の性格傾向を理解しているみたいで「疲れたらしっかり休んでくださいね」と声をかけて貰ったりします。

 

今日は朝から少し心の中がざわざわしているので、映画を見に行こうと考えていたけど無理せず寝る事に変更しました。

 

お陰様で今このブログが書けていると思います。

今週飲みに行く予定もしてたのですが、お誘いの相手には申し訳ないですが無理しない様に考えたら後日にずらして貰う事にしました。

まだ鬱転はしてないので落ちない程度にキープ出来たらいいな。

 

このハテナブログは思いついた事を書いて確認もせずに投稿するので乱筆乱文はある程度ご了承くださいね。